もう布団に戻れない!?寝心地抜群!ビブレのハンモックで野外でも極上の睡眠を!

キャンプ場やアウトドアシーンで遊び疲れて休憩したくなる時ってないですか?

車で寝るのもいいけど、せっかくなら自然の風を感じながら横になりたいですよね。

しかし自然豊かな野外はシートを敷いても地面に近い分、虫や草などが気になってソワソワしてしまいます。

こんなときは自立式のハンモックがおすすめです!

ハンモックは木と木の間に吊るすのが一般的ですが、野外ではそう都合よく木が無いケースも多く、樹林に潜んでいる虫などが気になります。

ですから、そんなときこそ自立式のハンモックがおすすめなんです!(2回目)

自立式のハンモックは自立するポールスタンドに生地を掛けるので、設置場所を選ばず設営できますのでオススメです!

地面からの距離もあるので、虫問題も安心ですね♪

今回は数ある自立式のハンモックのなかでも、世界で絶大な人気があるビブレ社のハンモックを紹介します。

なぜビブレかというと、一言でいうと寝心地が最高に良いからです!!

いままでのハンモックというと、とりあえず横に寝そべればよい考えでしたが、転倒や寝心地が悪いなどの問題がありました。

しかし、ビブレ社はその問題を解決し、ついウトウトしてしまうハンモックが必要と考え高機能ハンモックを世に出しました。

ビブレ社製のハンモックが人気な理由

①ゆとり空間設計で実現した包容感

ビブレのハンモックは業界初のゆとり空間設計を採用していて、生地サイズは長さ210×幅160cmなので大人2人がすっぽり包まれるビッグサイズ。

幅が160あるのでかなりの広さ!なんとこのモハンモックは寝返りを打てる広さなのです。

②多段階の高さ調節ができる

この機能はあったらうれしいですね!なぜかというとハンモックの生地は使う人の体重や人数により沈みかたが異なるため、心地よいな高さと傾きを選べることが重要なのです。

ビブレのハンモックは生地をかける位置を12段階に調整が可能です!

安全に乗り降りするためにもこの調整は欠かせないもの!

③肌触りの良い上質生地

ビブレのハンモックに使用している生地は肌に触れる部分が寝心地にも影響すると考え、独自の編み方と上質コットンを使用してます。

耐荷重はなんと200㎏もあるのです!

④パウダーコーティングしたスタンド

ハンモックを支えるスタンドにはBMWやベンツなどに使われるパウダーコーティングを施しているので、耐腐食性にも優れているので、野外で安心して使用可能です。

⑤人間工学に基づいた設計

ビブレのハンモックは心地よさを実現するために、多くのデータを集計しベストサイズを実現しています。

以上がビブレ社製ハンモックをオススメする理由です。

実際使ってみた感想

寝心地はやはり最高でした。ゆらゆら揺れる感じがすぐに眠りを誘うのでびっくりです!

ハンモックに包まれているので真っ直ぐな体勢ではないですが、斜めの体勢は以外にもすごく楽です。

ポールの組み立ては面倒かなと思いましたが、そうでもなく、すぐ組み立てできたので使い勝手はかなり良いと感じました。

ただ欠点はハンモックにしては少し高いかな・・・・値段も二万円近くするので、少しためらう金額。

野外で心地よさを追求するには惜しくないかもしれません。

まとめ

これで野外で過ごすとき虫問題も寝心地も解決できますね♪

なんといっても寝心地が抜群だから、野外で贅沢な至福の時間を過ごすことができるようになります。

野外の空間でもぐっすり眠れて最高の気分になります♪

これは使ってみないとわからない不思議な心地よさを感じることができます。

これがあれば寝るのが楽しくなるので、子供たちを寝かせる手段にも使えそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA