Excelでは連続したデータをあっという間に入力できます。

連続した日付や時間などはあっという間に入力できます

上の画像のように、B2のセルには日付が入っています。この隣に1月2日、その隣に1月3日と順番に記載していきたいときに、ひとつずつ入力していくのは骨が折れます。

そんな時はセルの右下にある「緑の四角」をドラッグしましょう

この四角にマウスのカーソルを当てて、右側にドラッグしてみましょう。

ドラッグとは、マウスの左クリックを押したまま動かすという意味です。

そうすると、このような感じで連続した日付が入力できました!

同じように時刻も入力できます

では、A3のセルに「5:00」と時刻を入力してみました。

先ほどの日付の連続入力と同じように、セルの右下のにある緑の四角をドラッグしてみましょう。ただし今回は、横方向ではなく、縦方向にドラッグしてみましょう!

簡単ですよね。あっという間に連続したデータを入力することができました。

入力したデータ内容を複製もできます

連続したデータだけでなく、同じ内容のセルも複製することができるので、覚えておくと便利です。

例えば、B3のセルに「佐藤」と入力し、セルの右下にある緑の四角をドラッグすれば複製されます。

同じ数値も複製することができます

先ほど、日付や時刻は連続した順番通りのデータを入力することができました。しかし、順番通りではなく、同じデータを複数一気に入力したいということもありますよね。

そんな時は次の手順で操作をします。

まずは、連続したデータを入力するために、セルの右下にある緑の四角をドラッグします。すると右下にオートフィルオプションという表示が出ますので、その右側にある下向きの▼をクリックしてください。すると以下のような表示に切り替わります。

今は「連続データ」にチェックが入っているので、これを「セルのコピー」のところをクリックして切り替えます。すると下の画像のように、「5:00」と同じデータが複製されるというわけです。

ちなみに、Windowsであれば「Ctrlキー」、Macであれば「optionキー」を押しながらドラッグすることで、同じように同じ値を連続で入力することができます。

いかがでしたでしょうか?

実際にご自身でいろんな値や日付、曜日なんかも入力して試されると理解が早まりますので、是非お試しください。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA