【Excel】複数のセルを選択する方法

ドラッグ操作で範囲選択ができます

Excelではデータを入力する前に、対象となるセルを選択してから入力します。

対象のセルをクリックすることで選択することができますが、複数のセルを選択する場合には、「ドラッグ」という操作を用いることで選択が可能となります。

セルの上にマウスのカーソルを当てると、「+」のマークが出てきますので、そこから右下にドラッグします。すると、ドラッグしたところまでのセルをまとめて範囲選択することができます。

範囲選択を間違えた時は・・・
どこでもいいので、セルをクリックすると選択範囲は解除されます。

広範囲のセルを選択する方法

ドラッグできる範囲での選択ならいいのですが、ドラッグでは選択しづらいような広範囲のセルを選択する方法が別に存在します。

キーボードの「Shiftキー」を使うことで簡単に範囲選択が可能です。

慣れてくれば、マウスでドラッグするよりも、こちらの方法を使用することが多くなってきますね。

列や行も範囲選択できます

列や行も一気に範囲選択することが可能です。ではB列を選択しようとするならば・・・

こんな感じでB列の範囲選択ができました。

行の範囲選択も同じ方法となります。行番号のところにポインタを持ってくると、ポインタが「→」の形に変わりますので、そこでクリックすればOKです。

複数の列や行を範囲選択するには
範囲選択したい列番号や行番号をドラッグします。Shiftキーを押しながら、列・行番号をクリックしても同じです。

いかがでしたでしょうか。範囲選択する場面はいろいろありますが、最も多いのはコピー&ペーストの場面で多用されると思います。

セルの範囲選択は必ず使いますので覚えておきましょう!

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA