【焚火にあこがれる貴方へ】シンプルなコールマンの焚火台!

焚き火への憧れ・・・

誰だってキャンプ場の夜になると、焚火はしたくなるものですね♪

しかし、キャンプ場では山火事などを防ぐため直火が禁止のところが多いのも事実。

ですから、焚火をしたいときには焚火台は必須です。

そもそも焚火は暖をとったりキャンプサイトを明るくしたり、焚火台で調理したりできるのでキャンプでは活躍する場面は意外と多いです。

しかし焚火台を選ぶとき、ビギナーは何を選べば良いかなかなか選ぶのに苦労すると思います。

焚火台は大きいし、複雑な形状の物も多く手入れが面倒だと思われがちです。

そんな方に超シンプル!そしてお手入れが非常に楽なお勧めの焚火台を紹介します♪

安心と信頼のブランド!コールマンのファイアーディスク

どうですか♪このビジュアル!すごくシンプルですよね。

もう無駄がないディスク形状は角形が多い焚火台にしては珍しく、ビギナーが簡単に焚火ができる焚火台です。

商品仕様

材質:ステンレス
本体サイズ:約直径45×23(h)cm
収納時サイズ:約直径46×8.5(h)cm
重量:約1.6kg

【火起こしを簡単に!】これさえあれば大丈夫!ユニフレーム UNIFLAME チャコスタII

2020年5月1日

これがおすすめポイントです♪

オールステンレスでできた焚火台で錆に強く、ディスク型なのでお手入れも非常に簡単です。

②ディスク形状のため薪をくべるのが楽です。また通気性が抜群で難しい火起こしもすぐできます

③設営時間が秒速で終わります。設営方法は折り畳み式の脚を広げるだけなので5秒ぐらいで終わります♪

④BBQ用の炭を入れやすい焼網付きなので調理器具として使えます。別にBBQコンロを用意しなくていいので荷物を軽量にできます。

出典:Amazon

⑤耐荷重はなんと約30kgと意外と耐えてくれます!コールマンのすべてのサイズのダッチオーブンが入る広さがあるので調理の幅が広がります!

出典:Amazon

⑥重さが約1.6㎏と軽いです!他の焚火台と比べると激軽です!収納サイズも厚さが10センチ以内の薄さで邪魔にならずコンパクトに収納できます。

出典:Amazon

⑦なんといってもリーズナブル!さすが安心のブランドコールマン

ここが難点!

付属でBBQ用の焼網は付いてはいるんですが、熱源が近すぎて(炭と網の距離)注意しないと食材が丸焦げパターンになります。

オールインワン焚火台とうたってはいますが、BBQコンロとして使用するのは少し微妙です。

コールマンファイアーディスクは焚火に特化した焚火台です

他には無いディスク形状がビギナーには使いやすく、焚火を楽しむためにはコストパフォーマンスが非常に良い焚火台です♪

ダッチオーブンが収まるのはうれしい点で、この焚火台があるとキャンプをより快適に楽しむことができるでしょう。

さらに大人数対応のサイズもあります!それが↓コチラ!

ファイアーディスクプラス

商品仕様

材質:ステンレス
本体サイズ約直径60×23(h)cm
収納サイズ約直径60×10(h)cm
重量3.2kg

焚火する際に発生する予測不可能な火の粉の対策として、簡単に解決できるシールドも別売りであります。

スパークシールド

これは使用してみてあったほうがいいと感じました!火の粉の恐怖がほぼなくなるので安心して焚火をすることができます。

まとめ

焚き火台ってキャンプの時に本当に必要なのかなーって昔は思っていましたが、焚き火を眺めていると心が非常に落ち着きます

実際、焚き火というものは、キャンプの時ぐらいしかしないんじゃないかなって思います。

我が家の子供たちも焚き火をすると静かになり、ずっと火を見つめています。

焚き火っていいですよ!

まだ焚火台を手に入れてない方は、今回紹介したコールマンの焚き火台をはじめての焚き火台としてお勧めします!

【火起こしを簡単に!】これさえあれば大丈夫!ユニフレーム UNIFLAME チャコスタII

2020年5月1日

これで納得!!コスパ!耐久性!すべてにおいて最強なユニフレームファイアグリルが選ばれる理由

2020年4月30日

【孤独だけど、焚火があるじゃん♪】ソロキャンプの強い味方!モノラルの焚火台!

2020年5月1日

着火が容易なSOTOの焚火台「エアスタ」

2020年5月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA